⼟地活⽤なら⼤阪の進和建設工業株式会社

無料資料請求はこちら

お気軽にお問い合わせください:072-252-1049

建物の構造と特徴を知る

構造は、安易に決めてはいけない!

こんなことにお悩みではありませんか?

  • 賃貸物件の建築を考えているが、構造がいろいろあって何にしたらいいか分からない方
  • 構造の違いを知りたい方
  • 地震による建物被害が気になる方
  • 建築費のことを考えて安い方を選びたいと思っている方
img_photo01.jpg
  • マンションの建設を考えているが、鉄筋コンクリートと鉄骨では何がちがうのだろうか?
  • 鉄筋コンクリート造がいいと思っているが、コストが上がるのが心配だな...
  • 地震で壊れない建物にしたいがどうしたらいいの?

構造の違いを知る

構造によって、災害に強い、熱に強い、償却年数が違う・・・、解体しやすい=転用しやすいなどなど、お客様の状況によって最適な建物の構造というのは千差万別です。あらゆる条件、状況から最適な構造を見極めることが必要です。

それぞれの主な特徴を見てみましょう。

鉄筋コンクリート造(RC造)

法定耐用年数 47年

鉄筋を組んで型枠でコンクリートを流し込み、基礎と建物を一体化してつくりあげる構造です。
コンクリートは圧縮に強く、鉄筋は引っ張りに強いので、両方の長所を生かした堅牢なつくりになります。反面、基礎工事に手間がかかり、工期も長くなりがちです。

建物の頑丈さ、安定感、耐久性、耐震性、耐火性が長所で、遮音性にも優れています。また、コンクリートの特性から冬は温か、夏は涼しく、年間を通じて温度変化が少ないことも特長です。

img_photo01.jpg

木造

法定耐用年数 22年

柱と梁によって空間を構成する在来軸組工法は、設計の自由度が高く増改築に対応しやすいことが特長です。ただし、一般的に耐久性・耐火性が低く湿気に弱いため、築年数が経過すれば補強や補修が必要となります。

木材で組んだ枠に合板を張って壁をつくっていく2×4工法は、耐火性や断熱性、機密性が高く耐震性にも優れていますが、窓や壁の位置、開口部の設置などに制限が多くなります。

鉄骨造(S造)

法定耐用年数 軽量鉄骨27年 重量鉄骨34年

鉄の柱と梁、コンクリートの床板で構成され、荷重は柱と梁で支える構造です。軽量鉄骨と重量鉄骨の2種類があります。
内部の空間設計の自由度が非常に高いことが特長です。ただし、遮音性、耐火性、耐久性の面ではコンクリートよりも劣ります。また、断熱性が低いため、結露が発生しやすいことも欠点です。

法定耐用年数とは
日本の税法では、建物は、減価償却資産(固定資産)です。

減価償却資産は、取得価格からその使用可能期間に応じた価値が減少する資産とされます。この税法上の使用可能期間を法定耐用年数といい、建物の場合、用途と構造により細かく規定されています。

進和建設工業の構造の考え方

木造住宅から、鉄骨造のビル・マンション、鉄筋コンクリート造のマンション、さらにはコンテナ式マンションなど、進和建設ではありとあらゆる構造、工法、建物の建築に対応可能な技術と経験があります。
創業以来、住宅〜マンション〜ビル・工場などなど200棟以上の実績ある会社として、地域密着の中堅会社として、皆様の資産活用をサポート致します。

構造別の法定耐用年数を比べてみると、鉄筋コンクリート(RC)造の価値は、他の構造に比べて長い期間保存できるということがわかります。
進和建設では、現在「SI(スケルトン・インフィル)」に取り組もうとしています。SIとは、建物の外構造が古くなっても、内装や間取りだけを時代に合わせて変えてゆくという考え方のことです。
これが実現すれば、建物が長もちすればするほど事業のチャンスが生まれることになります。建物自体は古くなっても収益性の落ちない、貴重な不動産資産を維持することもできるようになるのです。

ですから、進和建設では、お子さま世代にも残すことができる確かな資産として、鉄筋コンクリート(RC)造のマンション建設をお勧めしています。

お気軽にお問い合わせ下さい
建物を
建てる

土地活用のお問い合わせ:072-252-1049

お問い合せはこちら

資料請求はこちら

迷っている方、今すぐお問い合わせ下さい

ご相談やご質問、各サービスのお申込みを以下のフォームより承っております。
必要事項をご入力のうえ、最後に「入力を確認する」をクリックしてください。
内容を確認後、担当よりご連絡させていただきます。

お名前必須
フリガナ必須
ご住所/所在地
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 丁目番地
  • 建物名など

※資料をご希望の方は、お送りするためのご住所をお書きください

TEL
E-MAIL必須
情報お届け必須

希望された方には、今後弊社で開催されるセミナーや、
最新の資産運用等に関する情報をいち早くお届けします。

お問い合わせや、土地活用のお悩み、アパート経営に関する疑問等、ございましたらお聞かせ下さい

サービスお申込み

セミナーのお申込み

参加希望のセミナーの日時をご記入下さい。

 年   月   日   時〜

資料ご請求 (必須)

「土地活用・マンション経営・税金お悩み解決」虎の巻パックをご希望されますか?

自由記入欄

その他のお問い合わせや、土地活用のお悩み、アパート経営
関する疑問等、ございましたらお聞かせ下さい。

活用をご検討中の土地についてお聞かせ下さい

土地の所在地
  • 都道府県 例)大阪府
  • 住所
    例)堺市中区百舌鳥梅町1-30番1号
土地の面積
現在の活用状況

4. その他(以下にご活用内容をご入力下さい)

「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項

「個人情報の保護に関する法律」に基づき、以下の事項を「公表」いたします。

1. 個人情報の利用目的の公表に関する事項
取得した個人情報は、お客様の事前の同意なく第三者に対して開示することはありません。ただし次の場合は除きます。

(1) 直接書面取得以外で取得する場合の「個人情報」の「利用目的」
お客様から直接書面に掲載された個人情報を取得する場合はその都度、お客様に利用目的を明示させていただきます。
それ以外で個人情報を取得する場合は、次の利用目的の制限の範囲内で取り扱わせていただきます。
1. お客様に適した情報を郵送・メール等でお届けする
2. イベント等の登録処理
3. お問合せの応対
2. 第三者への開示
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体及び財産の保護のために緊急の必要性がある場合
(3) 協力会社と提携して業務を行う場合(協力会社に対しても適切な管理を要求します)

1. お客様に適した情報を郵送・メール等でお届けする
2. イベント等の登録処理
3. お問合せの応対
3. 開示・訂正・削除
(1) お客様の自己の情報について照会を希望される場合、所定の手続きに基づき開示します。
(2) その結果誤りなどを指摘され、訂正または削除をご希望される場合は、これに応じます。
4. 安全管理
個人情報保護に関して適用される法令、規範を遵守し、安全管理のための必要かつ適切な措置を行います。
5. 個人情報の取扱いに関する窓口
当社の個人情報の取り扱いに関する苦情については、下記までお申し出ください。

お電話の場合: 072-252-1049
お手紙による場合:〒591-8032 大阪府堺市百舌鳥梅町1丁30-1
電子メールによる場合: info@e-shinwa.net
今すぐお問い合わせ

3つのキーワード

無料市場調査・
土地活用プランの
お申込みはこちら!

▶︎

進和建設の土地活用プラン

建物を建てる
土地を貸す

土地活用に関するギモン

お持ちの土地に最適なご提案あります

狭小地
ロードサイド
遊休地